私のスピリチュアルな体験 大切な友人の心配を感じたこと

スピリチュアルな体験と言えるかどうかわかりませんが、ある夏の日に、なんとなくテレビを見ていたら、画面が真っ暗になって、テレビが映らなくなってしまいました。なぜか突然、テレビの設定が外れてしまったようです。

不思議だなと思って、テレビの説明書を出して、設定をやり直そうと思った時に、何となく友人に電話がしたくなりました。その時も今も、私の一番近くにいてくれる、私の両親ぐらいの年齢の女性です。何故かその時、彼女に連絡したくなり、電話をすると、彼女がびっくりしていました。

話を聞くと、お孫さんの手術のために北海道の病院にいるのだと。誰にも言わずに来たので、私からの電話にびっくりしていると話してくれました。テレビが真っ暗になって、見れなくなったのは偶然だったかもしれませんが、その数年後、またある時彼女に連絡がしたくなって、電話をすると、また彼女がびっくりしました。

その時も、旦那さんの手術のために病院にいる時に、私が電話をしたからです。「2回も続くと不思議だなと思うわ」と話してくれました。私もそう思いました。

時々ですが、彼女が話してくれることがとても気になる時があります。いい感じがする時はいいのですが、なにか心にひっかかる時もあるので、そういう時は自分にも彼女にも注意しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です